日本語スピーチ大会に、出ませんか?(外国人の方)

日本語スピーチ大会に 出る人を 募集しています。 ~受付終了~

スピーチを動画で撮り、点数をつけます。

◯ 出られる人:荒川区に住んでいる、働いている、学校に行っている人

◯ テーマ:日本に来て感じたこと、ふるさとへの思い など

◯スピーチ:3分から 5分まで

<動画を撮る日>

◯いつ:2月28日(火曜日) 昼:15時〜 夜:20時〜

◯どこ:昼 生涯学習センター(荒川区荒川3-49-1)

夜 ひぐらしふれあい館(荒川区東日暮里6-28-15)

※ 自分で動画を撮って、提出しても大丈夫です。

外国人で、スピーチをしたい人は、連絡してください。

スピーチ大会

 

【おうちで世界の料理教室】〜ウクライナ料理編〜

おうちで世界の料理教室〜ウクライナ料理編〜を、こちら協会のHPなどで皆様にお知らせいたします。

今回は、協会にご協力いただいているウクライナの方から、”ウクライナ料理”を教えていただき、レシピを掲載させていただくことになりました。ウクライナには、素敵な料理がいくつもありますが、そのうちの2つの料理を今回はご紹介いたします。

【ウクライナ料理】

1.ボルシチ

2.ヴァレーニキ

それぞれの料理レシピを、上の料理名をクリックして開いてみてください。

国際交流サロン 華道教室を行いました!!

令和4年12月16日(金)に、東尾久本町通りふれあい館において、国際交流サロン 華道教室を行いました。

日本人と外国人の方々にご参加いただき、生花を生けながら、お花を介して国際交流を行いました。

今回は、クリスマス前ということもあり、クリスマスに似合うお花を、講師の先生のお話を聞きながら、皆さんで楽しく生けました。

外国人の方へ”華道”という素晴らしい日本の文化を伝えることができ、事務局としましても開催ができて良かったと思いました。

来年も、こちらのHPを通して、様々な事業の案内や報告をしてまいりますので、お時間のある際にご覧ください。

 

日本語サロンのボランティアを募集します!

荒川区国際交流協会主催の日本語サロンでは、一緒に活動してくださるボランティアの方を募集します。

在日中の留学生たちは、日々、日本語を学びながら生活をしています。

「日本で就職したい」、「日本の文化を理解したい」、「日本の美味しいものを食べたい」、「日本人の友達が欲しい」などなど、たくさんの夢や希望を描いて来た外国の人達と日本語で話をしてみませんか。

現在、新型コロナの影響で休止をしているサロンもありますが、再開に向けて準備を進めております。

ご興味のある方は、ぜひ、協会へメールまたはお電話でご連絡ください。

詳しくは、日本語サロン ボランティア募集のチラシをご確認ください。

※ 現在、水曜夜サロンのボランティアは募集しておりません。

避難民支援等に役立てるため新たな募金活動を行います

荒川区国際交流協会では、ウクライナ避難民の方々等への一時金や生活支援に活用するため、新たに募金活動を行います。皆様のご協力をお待ちしております。

募金箱設置場所
荒川区荒川2-2-3 荒川区役所 3階 荒川区国際交流協会(文化交流推進課内)

【事業報告】「日本語教室・サロンボランティア スキルアップ講座」を開催しました

6月30日(木)に日本語教室・サロンボランティア スキルアップ講座を行いました。

今回は、地域国際化推進アドバイザーの坂内先生をお招きし、日本語学習者に分かりやすく、伝わりやすい”やさしい日本語”について、ご講義いただきました。

講座には、現在、日本語教室にご協力いただいているボランティアの皆様15名がご参加されました。

今後も、いろいろな講座を開いてまいりますので、ぜひ、ご参加ください。

【事業報告】「外国人のための防災講座」を開催しました

6月7日(火)日本語教室の時間内にて、区防災課・荒川消防署・荒川区社会福祉協議会にご協力をいただき、「外国人のための防災講座」を行いました。

まず初めに区防災課の方から、地震の映像を流していただき地震について実感してもらいました。その後、「地震が起こった時のとるべき行動」を説明してもらい、最後に昨年度新しくなった”防災アプリ”の使い方について、お話しいただきました。

次に荒川消防署の方から、火事の知らせや救急車を呼ぶときの「119番通報のかけ方」、「AED」の使い方や「心臓マッサージ」のやりかたについて、映像を見ながら学びました。

最後に荒川区社会福祉協議会の方から、日々の地域の人とのつながりの大事さ、つながることでのメリットをお話いただきました。

「防災講座」は4年ぶりの開講となりますが、日本は地震が多く起こる国であり、外国人の方が災害での知識を学んでいただける機会となりました。

 

ウクライナ語の通訳・翻訳ボランティアの募集について

荒川区国際交流協会ではウクライナ語の通訳・翻訳ボランティアを募集しています。

募集要件は下記のとおりとなります。

 

(1)登録要件

    • 日本語・外国語ともに、(2)の活動内容をおこなうのに必要な語学力のある方。
    • 翻訳の場合、Microsoft Word・Excelでの文書の作成等ができる方。
    • ※国籍は問いません。

 

(2)活動内容

①通訳ボランティア

      • 区役所窓口での手続き補助
      • 区内小中学校での面談補助
      • 荒川区国際交流協会の交流事業での通訳
      • その他

②翻訳ボランティア

      • 区が発行する申請書や通知文、イベント案内などの翻訳等

 

(3)活動依頼

    • 必要に応じて荒川区国際交流協会からご連絡をさせていただきます。

 

(4)守秘義務

    • 語学ボランティアとして登録された方は、活動を通じて知りえた情報を、本人以外の第三者に漏洩してはいけないという守秘義務をおいます。

 

(5)個人情報の保護

    • ボランティア活動の紹介、あっせんは荒川区国際交流協会を通じて行います。また、ご本人の意思を確認せずに第三者に情報を提供することは致しません。

 

(6)お申込

    • 下記、申込書を荒川区国際交流協会受付もしくは、郵便・FAX・メールでご提出ください。

通訳・翻訳登録申込書

 

ウクライナ支援について

今般のウクライナの情勢を踏まえた支援についてご紹介します。

 

 

避難されてきた方への支援について

ウクライナ避難民ワンストップ相談窓口

ウクライナから避難してきた人たちのため、東京都で一括した相談窓口を開いています。

東京で安心して生活できるように必要な情報を教えたり、詳しい相談ができるところを案内しています。

外国人在留支援センター(FRESC)日本に在留しているウクライナのみなさんへ

出入国在留管理庁が取りまとめている支援情報です。

Support for Ukrainians residing in Japan

東京都に避難された皆さまへ(5月18日)

東京都内での住まい探し、生活支援、医療に燗する情報を掲載しています。

寄付金等について

区民の皆様からの温かいご支援を受け付けております。

ウクライナへの寄付をお考えの方は、以下の窓口をご活用ください。

日本赤十字奉仕団荒川支部

荒川区荒川2-2-3 荒川区役所 3階 区民課

 

ウクライナの博物館・文化遺産の保全・復旧活動支援のための寄附金募集について

被害を受けた博物館や文化遺産の保全・復旧のための寄附を、ICOM(国際博物館会議)日本委員会では、呼びかけています。

ICOM(国際博物館会議)日本委員会での寄附金募集

また、荒川区立荒川ふるさと文化館でも募金箱を設置しております。

 

区及び区議会の声明
ロシアのウクライナへの軍事侵攻に抗議する声明を発表しました

ロシアによるウクライナ侵略に抗議する決議を可決しました