浴衣体験&日暮里・谷中散策を実施しました。

6月16日(土)諏訪台ひろば館で浴衣体験を実施いたしました。9か国・地域より18名が参加しました。着付け後、講師より浴衣や作法の説明があり、日暮里・谷中地域を散策しました。
皆、浴衣に着替えただけでもきれいでしたが、近隣の啓運寺の鐘やアジサイを背景にしてみたり、振り返ってみたり、傾げてみたり、うちわをかざしてみたりしながら、職員と一緒に、より美しく、格好良く映るポーズを考えつつ、写真や動画を撮って楽しみました。
浴衣姿は寺町の諏訪台や谷中銀座商店街に溶け込み、散策中は通行人の視線を集めました。終盤、浴衣から着替えるのが名残惜しそうでしたが、浴衣の良さを知ってもらえたので、また浴衣で夏祭りや花火大会などへ出かけてくれたらと思います。

茶道教室・華道教室を実施いたしました

6月8日(金)アクト21での茶道教室・華道教室にのべ20名が参加しました。茶道講師の松岡朋子先生、華道講師の松岡はるみ先生や助手のボランティアをしてくださった方々の丁寧な説明のもと、参加者は季節の菓子や花などに触れてゆったりとした時間が流れる、日本文化を愉しむ1日となりました。

茶道では、お点前をいただくだけでなく、畳の歩き方、かがみ方、立ち上がり方、茶筅の動かし方などを学び、その途中では参加した外国人の母国で良く飲まれるものの話をするなど、コミュニケーションが盛んな教室となりました。

華道では、まず基本の型について説明を受けながら、デモンストレーションを見学しました。その後、型を思い出しつつ自分の好みも加えながら、生花をオアシスに挿し、ラッピングの紙やリボンも選んで作品を作り上げました。悩みながら生ける人、直感的に生ける人、国籍に関係なく作品に個性が出ました。

第2回の茶道教室・華道教室は 9月7日(金)に実施します。忙しさや嫌なことも、稽古を通して集中すると忘れてしまい、帰るころには清々しい気持ちになれるそうです。日本人でも初心者でも参加でき、在住外国人と交流する良い機会となりますので、参加に興味のある方は事務局へお問い合わせください。