日本語教室・サロンの休止継続について(にほんごきょうしつはおやすみです)

日頃より、荒川区際交流協会の事業にご協力いただきありがとうございます。
3月21日に国が緊急事態宣言を解除しましたが、都内においては、新規感染者数の下げ止まりが続き、変異型ウイルスの拡大とともに、感染再拡大(リバウンド)が懸念されています。荒川区では3月末までは、原則として、夜間の施設利用(午後7時まで)や飲食を伴う利用等に関する現在の制限を継続することとなり、4月以降については今後決定することとなりました。そのため、4月以降の日本語教室等については、休止を継続いたします。再開時期が決まりましたら、改めてホームページでお知らせします。